後頭部はげが気になり始めたら

後頭部がハゲが気になる。しかし一言でハゲとは言っても、前頭部がハゲている人もいれば、後頭部がハゲている人もいます。人間の髪の毛は、加齢とともにだんだん減っていくものではあっても、頭皮が透けて見えたり、髪の一部分が集中的にハゲていると、やはり気になるものです。

 

後頭部ハゲは、女性にみられることはほとんどなく、とくに中高年世代の男性に多くみられる現象です。頭のてっぺんから後ろ頭にかけて薄毛や抜け毛が目立つこと、これを後頭部ハゲといった呼び方をします。

 

どのようなハゲにしても、見た目がけっしてカッコイイとは言えず、とくに後頭部ハゲであることが恥ずかしくて、家族や友人にもその悩みをなかなか打ち明けられずにいる男性は少なくありません。前頭部ハゲなら、鏡を見ればすぐにわかるのですが、後頭部ハゲの場合、なかなか気づきにくいこともあります。

 

しかし、後頭部ハゲを気にするあまりに深刻に悩んでいると、ストレスになってしまい、さらに薄毛や抜け毛を招く原因となります。後頭部ハゲが気になり始めたら、育毛や育毛シャンプーを使用するなど、早めに対策を立てておくと良いでしょう。

 

最近は気軽にはじめられる育毛剤や育毛シャンプーはたくさんあります。
自分に合ったものを探すのは大変ですが、副作用のない安全なものを使いたいですね!
以下に安全な育毛剤を集めてみました。


後頭部ハゲの原因は?

男性の薄毛や抜け毛について、とくに後頭部ハゲになる人が多いようですが、これを改善するにはまずは原因を正しくつきとめる必要があります。薄毛や抜け毛に悩んでいる男性の多くが、頭のてっぺんから後ろにかけてハゲていると言われていますが、常日頃から鏡で自分の髪の生え方や抜け方について、丁寧にチェックしておくことで、後頭部ハゲをいち早く見つけることができます。

 

とくに、40代、50代になると「髪の老化現象だから仕方がない」と思い、すぐにあきらめる人もいるようです。後頭部ハゲの原因は、
男性ホルモンの分泌量の変化によるものが大半であり、
さらに頭皮の血行が滞ることにより、健康な毛髪を発毛・成長を阻害することで、薄毛や抜け毛を引き起こすものと考えられています。

 

人間の体内でもっとも血流が滞りやすい部位は、頭のてっぺんであり、上半身では頭のてっぺんがもっとも心臓から遠く離れた場所に位置しています。心臓から上にあり、さらに重力の関係や頭皮の皮膚の薄さなど、さまざまな要因が絡み合っています。

 

後頭部ハゲは、とくに頭のてっぺんから後頭部にかけて血流が不足していることの表れと言って良いでしょう。ストレスや疲労、喫煙や飲酒などが原因のひとつとして考えられることもあります。


後頭部はげを改善するための育毛剤の選び方

ドラッグストアに行くと、男性用育毛剤や育毛シャンプーなどのヘアケア製品が多数並んでいますね。育毛剤が販売された当初は、薬用成分が強いタイプのものが主流でしたが、乾燥肌や敏感肌の男性には、頭皮への刺激が強いので不向きです。

 

後頭部ハゲを改善するための育毛剤を上手に選ぶには、髪と頭皮に優しい低刺激の育毛剤をまずは探してみることです。皮膚科などに行って、医師の診察を受ける場合に、後頭部の薄毛や抜け毛の原因として、AGAと診断される場合があります。

 

AGAとは、男性型脱毛症のことを指しており、男性ホルモンのジヒドロテストステロンがその原因物質であると考えられています。育毛剤選びで失敗しないためには、後頭部ハゲの原因について、正しく知ることはもちろん、ご自身の肌質や体質について把握しておくことです。

 

後頭部ハゲの原因が男性ホルモンであれば、男性ホルモンに直接働きかけるタイプの育毛剤をお選びいただくと良いでしょう。髪と頭皮が敏感な方や乾燥肌の方は、お肌のバリア機能が低下しているので、自然の植物成分がバランス良く含まれていて、髪と頭皮に優しいタイプの育毛剤を選ぶことをおすすめします。